【ビジネスクラス】エア タヒチ ヌイのビジネスクラスはリッチな南国仕様

 

 

どうも、どくしょーです。

 

 

数ある南国リゾートの中でも人気の高いタヒチ。

せっかくリゾートに行くからには、移動の飛行機からリッチに行きたいと思いますよね。

 

ですが、乗ったこともない航空会社のビジネスクラスにはお金を払う価値があるかすっごく悩みませんか。

座席はどんな感じなんだろう?アメニティは?食事は?

 

今回、オークランドータヒチ間でエアタヒチヌイのビジネスクラスを利用しました。

結論から言うと、「超リッチな南国仕様でめっちゃおすすめです!」

 

エア タヒチ ヌイ(Air TahitiNui)

 

まず簡単にエアタヒチヌイについて。

フレンチポリネシアのパペーテを拠点に、東京・ロサンゼルス・パリ・ オークランドにネットワークを有しています。タヒチアンホスピタリティーあふれるサービスには定評があり、日本と南太平洋のタヒチをノンストップで結ぶ唯一の航空会社です。

Air TahitiNui公式ホームページより引用

 

2018年1月現在では時期によって違いはありますが週に1〜2便、東京(成田)ータヒチ(パペーテ)間を運行しています。

 

青を基調としたカラーの機体は「南国」を連想させますね。

 

世界一周旅行券での使用

今回はグローバルエクスプローラーの世界一周旅行券を使用しました。

ワンワールドの世界一周旅行券ではなく、グローバルエクスプローラーの世界一周旅行券でエアタヒチヌイが使用できます。

【方法・手段】世界一周は「何で」行く??

2017.12.05

 

エア タヒチ ヌイ(Air TahitiNui)搭乗前

 

では早速ビジネスクラスの機内をご紹介します。

入り口で乗客に白い花を配ってます。

エアタヒチヌイの花

乗務員も男女問わずこの花を耳にかけてます。

タヒチの文化で、飾る耳が右か左かで意味が違い、右は素敵な人募集中、左なら心に決めた人がいるという意味だそうです。

耳にかければ、テンションは南国モード。

ハワイにもあるこの風習はタヒチから始まった伝統だそうです。

 

ビジネスクラスの座席

 

機内に入るとさらにテンションがあがります。

理由はこのおしゃれな南国テイストのシート。

エアタヒチヌイのビジネスクラス

Air TahitiNui公式ホームページより引用

エアタヒチヌイのビジネスクラス

ハネムーンでタヒチが人気がある理由が少しわかった気がしました。

南国リゾートは世界各国様々な場所がありますが、エアタヒチヌイはそこに行くまでの機体から南国気分が満喫できますね。

 

 

足を伸ばしてもこんなにもゆとりがあります。

エアタヒチヌイのビジネスクラス

もちろんフルフラットになります。さすがビジネスクラス。長時間フライトも苦になりませんでした。

 

ビジネスクラスのアメニティ

 

アメニティバックもおしゃれです。

エアタヒチヌイのビジネスクラスアメニティ

中にはアイマスク、耳栓、歯ブラシ、歯磨き粉、靴下が入ってます。

 

ブランケットもついてます。

エアタヒチヌイのビジネスクラスのアメニティ

 

専用のヘッドホンもどこか南国風です。

エアタヒチヌイのビジネスクラスのヘッドホン

こうした可愛らしいアメニティもうれしいポイントですね。

 

ビジネスクラスの食事

ウェルカムドリンク

オレンジジュース・シャンパン・シャンパンティーから選択できます。

エアタヒチヌイのビジネスクラスのウェルカムドリンク

写真手前がシャンパンティーです。

紅茶風味のシャンパンは飲んだことがなかったので興味本位で頼んでみましたが、美味しかったです。

機内食

エアタヒチヌイのビジネスクラス機内食メニュー

 

機内食はまずはお通し(mise en bouche)。

エアタヒチヌイのビジネスクラス機内食

 

続いて前菜(appetizer)。

エアタヒチヌイのビジネスクラス機内食

 

そしてメイン(main courses)とデザート(dessert)。

エアタヒチヌイのビジネスクラス機内食

自分はチキンをチョイス。ニョッキと絡んで、食べ応えがあって美味しかったです。

デザートはチョコレートソースがかかったバニラとカプチーノのエクレアでした。

さすがフランス領のタヒチ。フレンチの機内食はちょっとリッチな気分になれました。

 

ドリンク

なんとワインリストだけ別で用意されています。

エアタヒチヌイのビジネスクラスワイン

機内食のメニューは見開き1ページで終了でしたが、ワインリストは冊子になってました。

赤、白、ロゼ、シャンパンなどいろんなワインが数種類ずつ揃ってました。

 

まとめ

エアタヒチヌイのビジネスクラスをご紹介しました。

南国仕様の機内、ゆとりのある座席、種類の豊富なワインのあるエアタヒチヌイ。

おすすめです!

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。