世界一周とプレミアムポイント

いちろー
どうも、「世界一周航空券でプラチナステータス獲得」を企む、いちろーです。

ANA上級会員を調べているうちに、どうしてもプラチナステータスを獲得し、SFCを手に入れたいと思うようになりました。

前回のブログでもお話ししたように、プラチナステータス獲得には約50万円程度のコストがかかります。

一度の投資で永久的に上級会員でいられる(もちろん年会費は必要ですが)とは言え、決して安いわけではありません。巷には「修行僧」というステータス獲得のためにお金をかける猛者もいますが、小坊主の自分はできるなら旅行を楽しみながらステータスを獲得したいと思いました。

そこで思いついたのです。

「世界一周しながらプレミアムポイントを貯めればいいんちゃうん?」

世界一周で貯まるプレミアムポイント

以前にもご紹介しましたが、ANAの世界一周航空券はマイル制で値段が変わります。

STAR1
(29,000マイル以内)
STAR2
(34,000マイル以内)
STAR3
(39,000マイル以内)
エコノミークラス 358,900円 422,700円 494,600円
プレミアムエコノミー 553,800円 632,300円 734,800円
ビジネスクラス 705,500円 822,000円 958,900円
ファーストクラス 1,141,000円 1,344,000円 1,504,800円

そしてプレミアムポイントはマイル×搭乗クラス倍率×路線倍率+搭乗ポイント計算されます。

路線倍率はANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線が×1.5倍、ANAグループ運航便のその他路線、スター アライアンス加盟航空会社運航便×1倍です。

世界一周で50,000プレミアムポイントを貯めようと思うと少し航路を工夫する必要がありますが、STAR2以上であれば可能ではないかと考えました。

スターアライアンスには世界一周をシミュレートするサイトがあります。世界一周で50,000プレミアムポイントを達成するため、また世界一周の旅程を決めるため、毎日・毎日暇さえあればシミュレートサイトと睨めっこしてました。

行きたい場所をピックアップしながらのシミュレーション、、、。世界一周航空券には細かな規定がたくさんありますので、何度もシミュレーターに「その航路は選べません」みたいな形で拒否られる毎日でしたが、それはそれは楽しい時間でもありました。

断っておきますが自分はMではありません。

しかし、おおよその旅程が決まりかけていた頃、あることに気づくのです、、、。

 

プレミアムポイントの落とし穴

「プラチナ」獲得の条件を何気なく眺めていると、、、。

年間50,000プレミアムポイント獲得(うちANAグループ運行便利用分25,000PP)。

皆さん、気づきましたか?

年間50,000プレミアムポイント獲得(うちANAグループ運行便利用分25,000PP)。

ん?、ANAグループ運行便利用分25,000PP!!

見逃していました(汗)。

そうなんです、プレミアムポイントの半分はANAグループ便に乗らなければならないのです。世界一周航空券で50,000PPは工夫次第で獲得できそうでしたが、世界一周の航路の中でANAグループ運行便は普通に航路を決めれば日本発着便のみです。到底25,000PPには届きません。

「ANA、ハメよったな( *`ω´)」。

思わず心の声が漏れました。(すいません、ただの自分の確認不足です)

「世界一周航空券でプラチナステータス獲得」の夢は儚く散っていきました。

 

実は工夫次第ではなんとかなるかも・・・

補足ですが、実は工夫次第で「世界一周航空券でプラチナステータス獲得」は可能かもしれません。

それは世界一周航空券を①海外発券で手配する②世界一周中に世界一周航空券以外の航空券で日本に一時帰国するという方法です。

少し面倒ですが、世界一周航空券はスタート・ゴール地点を海外の都市にすることも可能です。海外発券にすることで世界一周の航路の中に日本の国内旅行を含めたり、海外発券のためその発券場所までの日本からの往復便を別航空券で用意することによって50,000PP貯めれるかもしれません。

また世界一周航空券の期限は1年間なので、世界一周中に一時帰国することで50,000PPを貯めれるかもしれません。例えば世界一周航空券で日本→ロサンゼルス→ニューヨーク→バルセロナ→フランクフルト→ドバイ→シンガポール→日本と予定を組んでいたとしましょう。

その中に日本→ロサンゼルス→ニューヨーク➡日本➡ニューヨーク→バルセロナ→フランクフルト→ドバイ→シンガポール→日本というようにニューヨークから日本に一時帰国するような旅程を組みます。一時帰国の往復便は世界一周航空券とは別で用意する必要がありますので、それを利用して50,000PPに到達させるのです。

ただこの2つの方法は世界一周航空券以外の出費が必要となるため、「世界一周航空券でプラチナステータス獲得」という自分の思惑とは少しズレていました。そのためこの方法は選択しませんでした。

 

世界一周航空券を分割しよう

②で示したように世界一周航空券を分割して使用することができます。

追加の航空券の準備は必要になりますが、分割することによって長期休みが取れなくても、世界一周航空券を利用し、複数回の旅行に低コストで行くことができます(世界一周航空券、特にビジネスクラス以上はお得)。

世界一周航空券は航路変更は手数料がかかりますが、日程変更は基本無料です。そのため航路さえあらかじめ決めておけば、休みの日程がまだ分からないという状態でも発券しやすいのではないでしょうか。

「長期休みは取れないよ〜」っていうお忙しいあなた。分割旅行という手もありますよ。

 

まとめ

「世界一周航空券でプラチナステータス獲得」を思案してみました。

話が途中で逸れましたが、分割使用という使い方も忙しい方にはオススメです。

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。