【世界一周】オーロラ見るなら絶対冬のアイスランドだ!!!

オーロラ

 

 

どうも、どくしょーです(@ShoichiroMizuno)。

 

 

アイスランドは毎日が絶景の連続。

アイスランドの滝 アイスランド アイスランド

冬ですら見応えがある景色。春になって暖かくなれば、花も咲き、緑も増える。きっと今以上に素晴らしい景色が目の前に広がるんだろうなぁ。

 

 

 

夏でも最高気温が15℃前後と、年間通じて涼しいアイスランド。7月でも場所によっては雪は残り、流氷も見ることができるそう。

流氷 ダイヤモンドビーチ アイスランド

ダイヤモンドビーチも氷河も一年を通じて光と氷の景色を楽しむことができる。

 

 

 

しかし、そんなアイスランドでも冬にしか見れない景色が2つある。

ひとつは氷の洞窟。

アイスランド 氷の洞窟

自然が作るこの青色の洞窟は夏には入れないため、例え小さな洞窟にしか巡り会わなくても一度は見てみる価値があるかも。

 

 

そしてもうひとつが、オーロラ

実はオーロラは1年通じて発生しているが、周囲が暗くないと見えません。

夏は白夜になるアイスランド。夜中まで明るいためこの時期にオーロラを見ることはできない。オーロラが見れる期間は9月から4月中旬までの間。(ベストシーズンは11月から3月だそうです。)

「オーロラを見たい」というのが冬のアイスランドに来る大きな理由じゃないのかなと。

実際自分たちもロヴァニエミでオーロラを見てからすっかりオーロラ中毒に(笑)。

 

 

アイスランド到着後しばらくは天気が悪く、オーロラは姿を見せず。(恥ずかしがり屋か、オーロラよ…。)

アイスランド

しかしようやく晴れたアイスランド。今日こそオーロラに出会えるか!?

 

 

楽しみにしながらその日の宿の人に尋ねてみた。

自分ら「オーロラってどの辺に行くと見えるんですか?」

宿の人「ん?オーロラ?雲がなければオーロラなんてどこでも見れるよ。

 

え???なんですとおおおおぉぉぉぉ!!??

あまりのあっさりとした返答に夫婦共々( ゚д゚)こんな顔(笑)。

 

 

オーロラを見る条件は「周囲に明かりがなく、視界が開けてること」「晴れていること」が大事。(ちょっと前のブログにも簡単にまとめてますのでよければ参考にしてください)

【世界一周】あんなに夢中になるなんて…
どうも、いちろーです(@『Life』book)。 世界で最も美しい街・プラハ。 また来てみたくなるプラハから向かったのは…。 北欧・フィンランド!! 機内から見る景色は、流氷、流氷、流氷。なんか別世界に来たみたい。 そんな冬の北欧.フィンランドに来た理由は2つ。 1つはオーロラが見たい。 一生に一度は見てみたいオーロラ。観測地として有名なのはカナダのイエローナイフやアラスカ、フィンランドなどの北欧、あとアイスランド。 ヨーロッパに行くなら北欧にも行ってみたい。そしてカナダのイエローナイフ、アラスカはイメージが極寒!(笑)なので迷わずフィンランドをチョイス。(防寒着は荷物が増える) まずはプラハ空港からヘルシキンキ空港へ。 おおぉ、ムーミン…。めっちゃ北欧来た感満載。この時、嫁さんからムーミンは妖精だと教わる。(知らんかった…) ヘルシンキ空港で国内線へ乗り換え。待ち時間はお決まりのプライオリティパスを使ってラウンジでダラダラ。 ヨーロッパ内はフライトなら短時間やし、最近はLCCもあって価格も抑えられる。さらにプライオリティパスがあれば待ち時間が苦痛じゃない。なんたってWi-Fiがサクサク!!(⇦これ結構大事w) 乗り継ぎまで4時間ほどあったけど、あっという間。 「インターネットがあればいくらでも時間潰せるなぁ。」 そしてヘルシンキから国内線で1時間…。 着いたああぁぁ!ロヴァニエミ!!!(舌噛みそう…) ここは通称・サンタの街。 そう、北欧.フィンランドに来たもうひとつの理由がこれ。 サンタに会いたい。(子供か) フィンランドのどこでオーロラ見れるんかな〜と調べてると、どうやらおススメはサンタクロース村のあるロヴァニエミとサーリセルカというリゾート地の小さな村。 ここはサンタクロースでしょ!!!(子供か) オーロラとサンタが楽しめるということで決断に一切の迷いなし。

 

 

 

 

そして実はアイスランドにはオーロラ予報のサイトがあります。

オーロラ予報

時間帯による雲の動きやオーロラの強さを教えてくれるこのサイト。

ちょっと間違えやすいですが、緑が雲で覆われているところで、白い箇所が晴れているところ。そして右上の0から9までの数字がオーロラの強度を表しています。

(ブログを書くために久しぶりにアクセスしてみましたが、4月中旬でもまだオーロラが見れそうです。すげぇな、アイスランド…。)

 

 

この予報サイトを見ながら雲がない場所を探すのがオーロラ観測の第1条件。そしてこの日は宿の人も勧めてくれた見晴らしのいい氷河湖近くへ。

嫁さんはミラーレス一眼を、自分はiphoneとGoProでスタンバイ。(うん、いい加減一眼レフが欲しい…)

 

 

ロヴァニエミでは意外とあっさり出会えたオーロラ。しかし色んなブログやネット情報ではなかなか出会えないのがオーロラ。宿で一緒になった香港の人もオーロラ見にアイスランド来たけど天気が悪くて全然見れてなかったそう。

そしてこの日のオーロラ予報でのオーロラ強度は2。

こりゃ、なかなか見えないかm……。

….。

……..。

…………..。

オーロラ

…..あっさりやな、おい( ゚д゚)。

って、出たあああぁぁぁ!オーロラやあああぁぁぁ!!

 

 

 

見晴らしがいいので、360°の視界。

嫁さん「あっ、あっちからもオーロラ出てるよ~」

オーロラ

ほんまや∑(゚Д゚)!?

 

 

 

嫁さん「今度はこっちや~!しかも月と一緒できれい!!」

オーロラ

すっ、すげえええぇぇぇ( ゚д゚)!!

 

 

 

嫁さん「見て見て、向こうはカーテンみたいになってる!!」

オーロラ

うおおおぉぉぉ!!や、やべえええぇぇぇ(゚∀゚)!!!

 

 

 

嫁さん「あっちが緑が濃くなってユラユラしてk…。」

く、首が痛いわ…。

 

 

しかしなんてあっさり見れるんや、オーロラ。なんかこの旅、オーロラ簡単に見れすぎてないか。

そしてアイスランド、冬やのに気温が氷点下にならない。こんな快適にオーロラって見れてええの??

 

 

さらに次の日のホテル。ここは本当に周りに何もないのどかな場所。

アイスランド アイスランド

のんびりと馬も過ごしている。そんな場所でのオーロラがヤバすぎた。

 

 

 

雲はない観測日和だが、この日もオーロラ強度予想は2。過度の期待はせず外に出て、しばらく待っていると…。

オーロラ オーロラ

山の裏からオーロラ。それどころか空が全て緑色のオーロラで埋め尽くされた。あまりの異世界ぶりに言葉が出ない…。

 

 

 

そしてさらに山の側からのオーロラが徐々に色が濃くなっていく…..。

オーロラ オーロラ オーロラ

ほんまにこれオーロラ強度2( ゚д゚)??(これで2ならMAXはどんなんやねん…)

 

 

 

あまりのオーロラの凄さに嫁さんは発狂したように三脚を持って撮影場所を探して走り回る、走り回る。(昼間に回想撮影w)

アイスランド アイスランド アイスランド

暗闇で、三脚持って、荒野を疾走…。嫁さん、これは普通に怖えよ(笑)。

 

 

 

オーロラまで見れるアイスランド。

オーロラ オーロラ オーロラ

まじで絶景No.1やあああぁぁぁ!!!!!

 

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

オーロラ

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。