【世界一周】さらば、絶景の国・アイスランド

アイスランド

 

 

どうも、いちろーです(@『Lifebook)。

 

 

絶景アイスランドの旅もとうとう最終日。

アイスランド アイスランド

目に見える景色がこんなに楽しいと思える国は初めてだった。自然しかないのに次の国に行きたくないとすら思ってしまう。

 

 

 

そんなアイスランド最終日は残念ながら若干曇り模様。ただそんな天気でもどうしても行きたかった場所がある。

それがこちら。

間欠泉 アイスランド 間欠泉の看板

地面からボコボコと沸騰する水、湧き上がる煙、そして周囲には高温注意の看板。

 

 

 

天候がもう一つにも関わらず、周囲には大勢の観光客。

間欠泉 間欠泉 間欠泉

みんな一様にスマホを片手に何やらソワソワ、ソワソワ。

 

 

 

そう、ここは…..。

….。

………。

……………。

間欠泉

間欠泉だあああぁぁぁ!!!

 

 

 

ここはゲイシール間欠泉。

アイスランドでも有名な観光地、ゴールデンサークルの中の1つ。(ゴールデンサークルとはシンクヴェトリル国立公園、グトルフォスの滝、そしてゲイシール間欠泉の3つのことです。)

今まで間欠泉というものを見たことなかったので、どんなものか興味深々。旅の最後の楽しみにとっておきました。

ただ実は現在はゲイシール間欠泉はほとんど噴出していません。最近では2000年と2016年に噴出が確認された程度。ここは正確にはゲイシール間欠泉の隣のストロックル間欠泉。

ストロックル間欠泉は今でも数分おきに噴出を繰り返しています。

 

 

 

ただ、いつ噴出するか全く予想がつかない。なのでみんなグツグツしている地面を見たり…

アイスランド 間欠泉

今か、今かとスマホ片手に噴出までスタンばってます(笑)。(地味に腕がプルプルする…)

 

 

 

そして待ちに待って間欠泉が噴出されても、20m以上のものもあれば、「ん?今噴出された??」って感じのしょぼいものまで高さはマチマチ。

さらに数分おきと言っても短い待機時間で何回も見ることができる時もあれば、10分も待っても見れないことも。

そして、しびれを切らして「まぁいっか、十分見たし」ってそっぽ向いた瞬間…

間欠泉

打ち上がります(笑)。(ツンデレか、間欠泉よ…)

 

 

 

また根気強く待って、撮影に成功しても…..。

アイスランド

風下はズブ濡れになります(笑)。(撮影はくれぐれも風上で)

見応えはあるのでアイスランドに行った際はぜひ一度訪れてみてください。

 

 

 

間欠泉も満喫し、いよいよアイスランドともお別れ。

アイスランド

 

 

 

当初は予定になかったアイスランド。

色んな国を旅する中で出会った多くの旅人の「アイスランドの絶景はマジですげぇよ」という言葉に心揺さぶられ、急遽予定にぶち込んだ。

アイスランド航空 アイスランド航空

オーロラ仕様の飛行機や、窓から見える景色には期待が膨らんだ。

 

 

 

しかし、到着後は晴れ間のない天気。

アイスランド

「どこに旅人絶賛の絶景があるねん。・゜・(ノД`)・゜・。」とがっかりもした。

 

 

 

さらに物価のくそ高いアイスランド….。(金の話はしたくなかったが我慢できん)

昼飯に外でホットドッグとコーヒーを飲もうもんなら

昼飯

合計2000円越え!!!(泣)

 

 

 

旅人絶賛のアイスランド・ドライブも、ガソリン補充しようもんなら…

ガゾリン ガゾリン

リッター200円オーバー(泣)。

(ガソリン満タンで軽く諭吉さんが1枚飛ぶ…)

 

 

 

物価は高く、長期旅行者の財布には優しくない。

しかしこのアイスランドには本当に絶景があふれてた。

アイスランド アイスランドの滝 アイスランド アイスランド オーロラ オーロラ

しつこいが、ぶっちぎりこの旅の絶景No.1!!!

本当に来てよかった、アイスランド!!!

 

 

 

そして最後にアイスランド・ドライブの疲れを癒してくれるのは、大人気「ブルーラグーン」!!

ブルーラグーン ブルーラグーン ブルーラグーン ブルーラグーン ブルーラグーン

名残惜しいけど、次の国に行ってみよ〜!!!

 

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加してます。 こちらのバナーをクリックしてページが移行すると、ランキングが上がる仕組みになってます!1クリックどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

アイスランド

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。