【世界一周】サッカー好きには悶絶モノ?ブエノスアイレス・ボカスタジアム

ボカスタジアムのピッチ
いちろー
どうも、いちろーです。

ボカ・ジュニアーズって知ってますか?

サッカー好きならまず間違いなく知ってる南米屈指の強豪チームです。

あのディエゴ・マラドーナも所属したボカ・ジュニアーズ。元日本代表の高原選手も1年だけですが所属してましたね。

もうサッカー好きの自分にとって南米(特にアルゼンチン)はヨーロッパと並んでヨダレだらだらです。

気持ちはこんな感じ。

興奮

南米の中でも屈指の強豪チーム「ボカ・ジュニアーズ」が本拠地を構えるブエノスアイレス。

そりゃ、ブエノスアイレスに来たら行きますよね、ボカスタジアム。

もうスタジアムに行く前日からコーフンしてギンギンですよ、ギンギン。

アルゼンチン代表チームのユニフォームはブエノスアイレス入りして既に購入済み。

身も心もアルゼンチンに捧げて、いざしゅっぱーーーーつ!!!

スタジアムがあるボカ地区は市内中心部から少し離れた場所にあるので、観光バスを使って移動。

ブエノスアイレス観光バス

2階建バスで主要観光地を巡ってくれるので、めっちゃ便利!

しかも、若干治安に不安があったブエノスアイレスでバスの2階から自由かつ安全にカメラで写真が撮れるのは大変ありがたい。

ただし、走るバス上での撮影は難しい、、、。

モニュメント

ピントが・・・。

モニュメント

もうちょっと真ん中に・・・。

モニュメント

あっ、、、。

木ーーーーーーーーーー。・゜・(ノД`)・゜・。!!!!!

シャッターチャンスは一瞬です。

(市内主要観光地は警察の目もあって思ったより全然安全でした。ただ注意するに越したことはないですよ。)

そんなこんなで(どんなよ?)ボカスタジアムにとうちゃーーーーく!!!

ボカスタジアム

うおおおおおおぉぉぉぉ、ボカスタジアムだーーーーーー!!!!!!

スタジアム周辺は青と黄色でペインティングされた店が並び、たくさんのサッカーグッズが売られています。

ボカスタジアム周辺 ボカスタジアムのショップ ボカスタジアムのショップ

ヤベェ、興奮が抑えきれん・・・。

あっ、マラドーナがおるーーーーーー!!!!

マラドーナ

メッシもいるぞーーーーーーー!!!!

メッシ

はぁはぁはぁ。

一通り回りのショップを楽しんだら、もちろんユニフォームを購入してスタジアム内へ。

ボカスタジアム

スタジアムツアーは500アルゼンチンペソ(約2600円)。

入場してすぐに歴代の名選手の銅像が展示されています。

リケルメもいれば、

リケルメ

もちろんマラドーナも。

マラドーナ

前から後ろから舐め回すようにマラドーナを観察。はぁはぁ、、、( ´∀`)。

マラドーナ

ただの変態か、俺( ゚д゚)。

ボカスタジアムの壁のペイント ボカスタジアム内の壁 ボカスタジアムの壁のペイント

その後は、係りの人に案内されてロッカールームへ。

ボカスタジアムのロッカールーム

ま、眩しいぜ、ロッカールーム。

ここで記念撮影!

ボカスタジアムのロッカールーム

うっひょーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾!!!これ家宝にします!!!

その後は入場口を通って、ピッチ内へ。

ピッチへの通路 ボカスタジアムのピッチ

あ、あかん、感激で言葉が出ねぇ、、、。

す、す、すっげぇーーーーーー!!!(出とるがな!!!)

やべぇ、、、。この芝の上を転がりてーーーーーー!!!!

その後はスタンド内に上がってスタジアム全体を観察。

ボカスタジアムのスタンド ボカスタジアムのスタンド

このスタジアムに南米のサポーターが入ったらどんなテンションになるんやろう、、、。

一度実際の試合も見てみたかったなぁ。

けれど、ロッカールーム、ピッチに入れて大満足。

終始、犬の気持ちでした。

興奮

ボカ地区(特にスタジアム周辺)はボカ・ジュニアーズで一色。

タンゴもボカ。

ボカのタンゴ

店の看板もボカ。

ボカの看板

犬までボカ。

ボカ犬

こんなにサッカー一色の街はホント楽しい。

日本もこれくらいサッカーにのめり込んでくれたらいいなぁ。

 

お付き合い頂き、ありがとうござました。

ランキングに参加しています。1ポチよろしくお願い致しま〜す。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ボカスタジアムのピッチ

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。