アルゼンチン

【世界一周】南極まであと少し?世界最南端の都市・ウシュアイア

ウシュアイア

[voice icon=”https://mizuno-shoichiro.com/wp-content/uploads/2017/12/IMG_1792-278×300.jpg” name=”いちろー” type=”l”]どうも、いちろーです。[/voice]

エルカラファテから飛行機で1時間、着いたのはウシュアイア。世界最南端の都市と言われる街です。

ウシュアイア

このウシュアイア、世界最南端の「都市」と言っているところがミソのよう。

ウシュアイアのほかにも、「世界最南端」を名乗る自治体はいくつかある。ビーグル水道の対岸、チリのプエルト・ウィリアムズは位置的にはウシュアイアの南にあるが、人口約2,000人とウシュアイアに比べてはるかに少ない上、チリ当局でも「市」ではなく「町」としている。プエルト・ウィリアムズ自体は「世界最南端の町」を名乗っている。一方、チリ最南端の市、かつ南アメリカ大陸最南端の都市で、「世界最南端の市」を名乗っているプンタ・アレーナスは人口13万人で、ウシュアイアの2倍の人口を抱えているが、位置的にはウシュアイアよりも200km以上北西にあたる。ほかにもウシュアイアの南に人口100人に満たない小さな村(全てチリ領)がいくつかあるが、それらは「都市」とはみなされていない。

ウィキペディアより引用

いつもお世話になります、ウィキペディア先生。

そんな最果ての地、ウシュアイアで

1000km先には南極大陸。日本に住んでた自分からすると最果て感がすげぇ。

自分は「最も〜」「一番〜」とかいうフレーズになぜか弱いんっすよね〜。あと「プレミア」(笑)。

行ってみたくなるし、経験したみたくなる。一種の病気ですな、こりゃ。

そんな地球の裏側の南の果ての宿で、、、。まさかの同郷の旅人に会いました!?

日本からウシュアイアまで 17112km。出会った旅人との実家の距離 4km。

さらに自分の高校の後輩で、何と弟の同級生!!!

世界は広いんだか、狭いんだか、、、( ゚д゚)。

はっ、そうか、君も「最果て病」にかかっとるんやね、ナルホドナルホド。

ウシュアイアで繰り広げられる地元トークに高校ネタ。

こんな出会いも旅の面白さ(笑)。

ウシュアイアの街中へ

最南端とか言われると、なんとなくちょっと荒廃感のある街をイメージしてしまう、、、。

いつぞやの、南米の街並みのような感じ。

ウユニ

ところがどっこい、ウシュアイアは雰囲気のある街でした。

ウシュアイア

あっ、選んだ写真が悪い、、、。夜中じゃなければたくさん人がいて賑わってますよ。ほんとですよ、ほんとです。

大通りには色んなショップが並んでます。

ウシュアイアのショップ

夏でも最高気温が15℃にしかならない、ウシュアイア。

ん〜、この街で短パンって需要あるんかいな・・・???

End of the World Sign

港には最南端の記念碑。場所の名前は「End of the World Sign」。

あかん、何か分からんけどかっこええぇぇぇ!!!!!(単純やな、俺)

ワールドのエンドのサインやでーーーーーー!!!!!(落ち着け、俺)

ウシュアイアの最南端看板

近くには最南端証明書とスタンプを押してくれるインフォメーション。

ウシュアイアのインフォメーション

あかん、何か分からんけど欲しいぃぃぃーーーー!!!!!(すいません)

ということで貰いました、最南端証明書。

最南端証明書

そしてスタンプ。

証明書に色んなマークがありますね~とか言いながらインフォメーションのねーちゃんと雑談してると、、、

最南端証明書

全種類押されちゃいました( ゚д゚)。

ねーちゃん、豪快、、、。そんなにあったんやね、スタンプ( ゚д゚)。

メインストリートとヤマナ族

街中をふらふら歩いているとすごいインパクトのある壁絵を発見。

壁のイラスト 壁絵

どうやら囚人のようです。

ここウシュアイアは20世紀前半のほとんどは、市は凶悪犯を収容する刑務所の周りに発展していったそう。囚人の脱走を困難なものにするため、かつてイギリスがオーストラリアを流刑地にしたのにならい、アルゼンチン政府は首都ブエノスアイレスから遠く離れた、フエゴ島という孤島に流刑地を造り、流刑囚がウシュアイアに住み着いたらしい。

さらに歩いていると、、、

ヤマナ族

ん? 何か変なやつおらんかった??

像

何や、お前ぇぇぇぇーーーーーー!!!!

ウルト◯マン???

まっ、こんなヤツに出会ったら、、、

ウシュアイア

とりあえず大概こうなりますね。

隣のレストランにいた少年が像を見るよりも不思議な目で見つめてきます。

て、照れちゃう(*゚∀゚*)。

この像はウシュアイアの先住民・ヤマナ族。この最南端のウシュアイアで裸で生活していたというツワモノ。

ちなみにウルトラマンみたいなのは成人式の正装(もちろん裸にペインティング)なんやって。

最果てのセンス、す、す、すげぇ・・・・・。

そんな裸族のヤマナ族はヨーロッパから来た人々に服を着ることを教わったらしい。

しかし服を洗うことを教わらず、不衛生な服を着続けて疫病で絶滅してしまった、、、。

ヤ、ヤマナ族、、、、。・゜・(ノД`)・゜・。

ウシュアイアの目的

最果ての都市とだけあって、いろんなところで最果て推し。

最果て博物館に最果て号、、、。

時間があれば行ったけど、123日の旅行では申し訳ないがカット!!!

その理由は、、、。

ウシュアイアのペンギン看板

「ペンギン!!!」(嫁さん希望)

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

 

ABOUT ME
どくしょー
現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。帰国後は整形外科医として再出発。そして医師×〇〇を探す旅へ。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status