いちろー
どうも、いちろーです。

運転免許証を日本に忘れるという大失態をやらかすもインフォメーションのおねーさんとダンディなマイクのおかげで、ついに到着しました。

いちろー
テカポ湖(Lake Tekapo)!

テカポ湖(Lake Tekapo)


テカポ湖はニュージーランドの南島のマッケンジー盆地の北端にあり、そこにある3つの湖のひとつです。

この湖がホンマにすごいんです!

この湖に来るためにニュージーランドに来たと言っても過言ではありません。

では、この湖の素晴らしさをご紹介したいと思います。

壮大な景色

まず湖を含めた景色が、めっちゃくちゃ綺麗です。

ここまで雄大な自然の景色は都会に住んでいるとなかなかみることが出来ないと思います。

幸い、自分たちが訪れた日は快晴。テカポ湖を満喫しました。

滞在中、雲が多い日もありましたが、多少の雲ぐらいではこの壮大さは色褪せないです。

湖の色

湖水は氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるため、青緑色をしています。

ウィキペディアより引用

太陽の位置や天候によって湖の色が変わります。

真っ青に見えたり、ちょっと緑っぽく見えたり、ずっと見てても全然飽きません。

ホテルやペンションが集まる場所から、もうひとつの見所までは歩いて数分程度。

湖に綺麗な橋もかかっていて、写真を撮りながら歩いていると全く前に進みません。

羊飼いの教会(The Church of The Good Shepherd)

この橋を渡ると、有名な「羊飼いの教会(The Church of The Good Shepherd)」があります。

またこの教会がいい雰囲気なんです。

誰ですか、こんなセンスの塊を造った人は。

いろんなところから撮影しました。どれも、絵になります。

教会の中にも入れます。(教会内は撮影禁止ですので、ご注意ください)

神聖な音楽も流れていて、心澄んだ穏やかな気持ちになれます。

ぜひみなさんも訪れたときは教会内へ。

また教会は日中の短い時間(基本は午前中)しかあいていないので要注意です。

教会内は撮影禁止なので遠くから望遠レンズ使って撮影しました。十字架がいい雰囲気を出しています。

教会近くには犬の銅像もあります。

毎日この景色が眺められて羨ましい限りです。

ちなみに、引っ切りなしに観光バス、観光客がやってきます。

ただ基本は午後に来ますので、午前中の早い時間か昼前までが比較的人も少ないですし、教会も開いているのでオススメですよ。

夕方のテカポ湖(Lake Tekapo)

夕方も雰囲気があります。

夜のテカポ湖(Lake Tekapo)

そしてこのテカポ湖の一番のオススメは、、、

「星空」です。

雲ひとつない空の星空は幻想的でした。

星が今にも降って来そうです。

流れ星も1日だけで何個みれるか数えられません。

天の川もオリオン座もくっきり。

こん素晴らしい星空は日本では見れない、旅に出て良かったと改めて感じました。

360°カメラでも撮影していますので、ブログ用face bookでも是非ご覧ください。

Life book
Life book – 「いいね!」2件 – ウェブサイト

この星空は世界遺産に申請中で、認定されれば世界初の星空世界遺産だそうです。

おまけ

最近は温水プール施設まであります。

夜も開いているので、プールに入りながら星空が眺められるみたいです。

(プールは午後9時までのようですので、夏は日の入りが遅いから少し難しいかもしれませんが)

またテカポ湖は日本人にとって訪れやすい場所だと思います。

「湖畔」という日本食レストランがあったり、土産物店には日本人店員さんが多数います。

(「湖畔」のサーモン丼は結構人気メニューらしいです)

店員さん曰くテカポ湖の人口の10%を占めるらしいです。

さらに周りにはたくさんの宿泊施設があります。またキャンピングカーなどで滞在している人たちも結構います。

色んなスタイルでテカポ湖が楽しめますよ。

いちろー
昼も夜も満喫できるテカポ湖は本当にオススメです!是非次の旅行先にいかがですか?

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。1ポチよろしくお願い致します。(どちらか一つでOKです)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。