上級カード会員

ANA国内線プレミアムクラスはハンパねぇ!

 

どくしょー
どくしょー
どうも、どくしょー(@Twitter)です。 

世界一周航空券を使用してのプラチナステータス獲得は断念しましたが、上級会員制度を知れば知るほどプラチナステータスが欲しくなっています。

そしてついに決断しました!「修行」することを(笑)

 

「修行」とは言っても、小坊主の自分は1年かければ仕事での移動(学会、研修会など)・プライベートでの旅行などを全て飛行機での移動とすることでプレミアムステータスを獲得しようと企んだだけです。

以前は通常であればそれらの移動はなるべく早くに予定を決め、ANAであれば「特割」や「旅割」の普通席で航空券を用意していました。

それを今年だけ奮発し、国内線であれば「プレミアムクラス」に、海外であれば「プレミアムエコノミー」などで行くことに決めました。

そして乗ってみて気付きました。

 

どくしょー
どくしょー
プレミアムクラス、ハンパねぇ!! 

 

搭乗手続きがハンパねぇ!

まずは搭乗手続きです。

国内線は通常であれば出発1時間前には空港に到着し手続きをしましょうと各航空会社はアナウンスしています。

理由は大きな空港になればなるほど、搭乗手続きに時間を要するからです。

時間帯によってはこんな感じの長蛇の列ができます。

 

しかし「プレミアムクラス」となると違います。

なんと専用レーンで楽々と搭乗手続きが済んでしまいます。

 

これであれば空港には出発ギリギリでも余裕で搭乗できそうです。

※もちろんあまりにギリギリすぎるのは他のお客様に迷惑になるのでやめましょうね。

 

ラウンジがハンパねぇ!

次にラウンジです。

普通席であれば使用することのできない航空会社ラウンジ。

(専用レーンを抜けた先に直結している空港もあります)

カード会社ラウンジとは質が違います。ドリンクはアルコールさえも無料です。

出発前に軽く1杯飲みながらゆったりと過ごせます。

 

もちろん無料Wi-Fiなども完備されてます。

食事・飲み物がハンパねぇ

さらに食事・飲み物です。

プレミアムクラスにはフライト時間帯に応じて食事か軽食が付いてきます。

これらの食事に合わせて飲み物はソフトドリンクを始め、各種アルコールなどが飲み放題です。

またプレミアムクラスにのみ提供可能な軽食などもあります。

 

サービスがハンパねぇ!

そして何と言ってもCAさんのサービスです。

席に着席した途端、

「本日担当させていただきます、〇〇です。」
「何かありましたらお申し付け下さい。」
「新聞などはいかがですか?」

など一瞬自分がVIPな社長にでもなったような錯覚に陥ります。

食事中には飲み物が常に空いていないか気にかけてくださり、「おかわりはいかがですか?」と際限なくアルコールを勧めてくれます。

 

「CAさん、そんなに小坊主を酔わせてどうするつもりですか(*゚▽゚*)」

 

 

もちろん、どうするつもりもありませんw。

そして飛行機を降りた途端、即現実に戻されますorz。

しかし、限られた時間とは言え、妄想に浸れ満たされた時間を過ごすことができます(笑)。

 

参考写真はさすがにありません(笑)。

 

手荷物優先サービスがハンパねぇ!

最後に飛行機を降りたあともサービスが続きます

預けた荷物は真っ先にレーンから出てきます。

荷物待ちをしている方々を横目に早々と空港を後にできるのは少しだけ気分がいいです。

(ちょっと性格悪いですねw)

 

航空券代もハンパねぇ!

あ、忘れてました。

どくしょー
どくしょー
航空券代も「半端ねぇ」です。 

おおよそ通常席より2倍くらいの値段です。

しかし通常席は旅割や特割を利用して早期から手配すれば格安ですが、それらの航空券がなくなり、値段が上がっていくとプレミアムクラスの特割などとさほど差はなくなります。

それであれば上記のようなサービスが受けられるのであればプレミアムクラスも悪くないと思いませんか?

ちなみに嫁は搭乗前はプレミアムクラス完全否定派でしたが、搭乗後はプレミアムクラスに虜になってます(笑)

 

いざ、修行!!

一度プレミアムクラスに乗ってみて「これは、半端ねぇ!」とハマってしまいました。

それもあり、「修行」を決意しました。

結末はまたの機会にブログでご紹介します。

 

どくしょー
どくしょー
お付き合い頂き、ありがとうございました。 
ABOUT ME
どくしょー
現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。帰国後は整形外科医として再出発。そして医師×〇〇を探す旅へ。
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status