いちろー
どうも、いちろーです。

なんとか無事に(笑)飛び立ちました。

座ってる場所でバランス取るとかびびらせすぎやで、おねーちゃん。

頼むから滑走路はまっすぐ走ってくれ、プロペラ機。

飛んで見ると意外と安定してました。ビビりすぎやな、俺(笑)。

飛行機からのパペーテ

そして到着しました、ボラボラ島。

機内からの景色

機内からのボラボラ島の景色

びびらされたプロペラ機も飛び立ってみれば結構快適。

機内で配られたパイナップルジュースが意外と美味い。

機内ジュース

窓から水上バンガローとか見えるとテンション上がります。

45分のフライトはあっという間でした。

プロペラ機プチ情報
・パペーテ→ボラボラ島では進行方向左側にモーレア島が、右側にボラボラ島が見えます。

・ボラボラ島→パペーテでは進行方向右側にボラボラ島が見えます。

ボラボラ島空港

着陸も無事に成功(当たり前か)。ボラボラ島の空港は小さいながらも雰囲気は十分。

ボラボラ島空港

ファアア国際空港(パペーテの空港)と違い、リゾート感漂ってます。

ボラボラ島の空港

なんか自然と景色も眩しく見えます。

いちろー
嘘です、すいません。iphoneのカメラがただ指紋で汚れているだけです。

ボラボラ島空港からホテルまでの移動

ボラボラ島自体は小さい島で、宿泊地が空港と反対側だったので船と小型シャトルバスで移動しました。

ボラボラ島フェリー ボラボラ島バス

それぞれ、15分ほどの移動です。

しかし、もうちょっと分かりやすいバスの写真はなかったんかい、俺。

ボラボラ島の宿泊先

そして宿泊するホテルはこちら、、、

ボラボラ島のホテル ボラボラ島ホテル

ではなくて、泊まったホテルはこのホテルの横です(笑)。

いつか、泊まってみたいな〜水上コテージ。けど高いんやろうな〜。

水上バンガローから直接海に入ってるのを羨ましく眺めてました。

いちろー
ええな〜。それ俺もやりたい!

 

実際に泊まったホテルはこちら。

ボラボラ島のホテル

水上バンガローでも、ビーチサイドでもありませんでしたが、ホテルには常に守り神がいてくれました。

ボラボラ島のヤモリ

そう、ヤモリです。嫁さんは守り神がひょっこり顔を出すたんびに叫んでました。

「ヤモヤモさん、ヤモヤモさん」と言ってた割にはあんまり仲良くなさそうです。

いちろー
基本害はあらへんよ。

ボラボラ島のダンス

ボラボラ島のダンスといえばタヒチアン・ダンス。

隣のホテルで週2回イベントがあるようで、たまたま初日にやっていたので覗いてきました。

タヒチアンダンス

陽気な音楽と高速腰振り。

南国感満載で、内容は全然分かりませんが雰囲気だけで楽しくなります。

最後は逞しい男が「ボ〜ラボ〜ラッ!ボ〜ラボ〜ラッ!!」と叫びながらの記念撮影。

観光客(特に女性)は好みの男性を取り合って写真を撮ってます。

う〜ん、ムキムキになりたい、、、。

横から嫁が「無理ちゃう」と鋭いツッコミ。

南国で凹みました。

ボラボラ島のビーチ

ホテルのすぐ近くにビーチがあります。

ボラボラ島のビーチ ボラボラ島のビーチ

どこからともなく、自由気ままに音楽を爆音で鳴らしながら島んちゅがやってきます。

基本、食べ物・飲み物持参。寝そべって、ゴロゴロ、ゴロゴロ。

3日間滞在しましたけど、ほぼ男メイン。

いちろー
お前らいつ働いてるん???
ボラボラ島のビーチ ボラボラ島のビーチ

好きな時間に起きて、飯食って、海に浮かんで、、、。

確かに天国でした。

ぼーっと海に浮かんでると、色々と考え事をしてしまいます。

「こんなにのんびりしてていいんかなぁ」「帰ったら仕事できるんかいな」「これからどうしていこうかなぁ」

・・・・・。

考えすぎると海に沈みます。

ボラボラの海
いちろー
まっ、なんとでもなるやろ(笑)。

南国に来ると変に楽観的になります。

3日間の滞在やったけど、それ以上いたような感覚になる時間が緩やかにすぎる島でした。

特に目立った観光地があるわけではないので、終始のんびり。

働き始めてから、ここまでのんびりしたのも久しぶり。

ありがとう、ボラボラ島。

ボラボラ島空港
いちろー
またゆっくり来るよ〜〜〜。

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。