いちろー
どうも、いちろーです。

結構お気に入りになったメルボルンに後ろ髪を引かれながら、次に訪れたのはブリスベン。

タクシーの運ちゃん曰く「シドニーは中国人が多くて、ブリスベンは日本人が多いよ」「リタイアした人たちが移り住んでくるよ」だそうです。

いちろー
確かにかなり過ごしやすい街でした。自分のおすすめポイントを紹介します。

ここがGOODだ!ブリスベン。

市内交通ツール

ブリスベンの市内バス

観光するにも重要な交通手段。オーストラリア内はバス・電車が所狭しと走ってます。

さらにブリスベンは都市内に河があり、フェリーもあります。

もちろん有料のものもあるのですが、地元の観光業を活性化させるためなのか無料の「The Roop(バス)」、「City Hopper(フェリー)」があります。

関西人にとって「無料(タダ)」はとても居心地のいい響きですね。

オーストラリアは治安もいいので、これらを使って朝、夕方、夜のブリスベン観光を楽しめます。

ブリスベンのシンボル ブリスベンの公園 ブリスベンの夕焼け ブリスベンの夜景

無料Wi-Fi

見知らぬ土地に来た時、インターネットは必須のお供。

観光地、移動方法、美味しい店など調べたいことは多々あります。

オーストラリアは街中でも無料Wi-Fiが結構あります。(移動する電車、バス内でもあります)

もちろんカフェ内にも(ブリスベンにもお洒落なカフェはいっぱいありました)。

ブリスベンのカフェ ブリスベンのカフェ

 

ブリスベンはシドニー、メルボルンと旅をして来た中でも、その数、繋がりやすさがダントツです。

ちなみに、自分たちはSIMフリーのiphoneを使ってますが、オーストラリアではSIMカードは買ってません。

それでも全然快適に過ごせてます。

無料プール

ブリスベンのプール ブリスベンのプール

 

ブリスベンにも色々観光名所はあるのですが、なんと河沿いに「無料プール」があります。

しかも運営時間は違えど、年中空いているみたいです。

子供も大人も気持ちよさそうに楽しんでいました。

オーストラリアを旅して来て思いましたが、都市ごとのサービスがかなり充実しています。

こんなにサービスを充実させてくれるのなら、頑張って働いて税金払うのも悪くないなぁと思いました。

何はともあれ、、、。

いちろー
無料ブリスベン、最高!!!

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。

ランキングに参加しています。1ポチよろしくお願い致します。(どちらか一つでOKです)

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村

 

あ、ちなみに嫁さんもブログをしています。

良ければそちらも是非ご覧ください。

『Tabi』book
 〜123日でハネムーン〜

ABOUTこの記事をかいた人

現役医師(整形外科専門医、麻酔科標榜医、産業医)。医師となって10年以上経つ中で、「これからどうキャリアを積むのか」「したいことは何なのか」「どう生きていきたいのか」などの悩みに直面。じっくりと考えるため「時間が必要」と感じ、結婚・転職をきっかけに半年間休職。その間、嫁と世界一周の旅へ。